ビジネスのアーカイブ

相手が何かを言わんとした瞬間をとらえる

当協会の関係者には、コミュニケーションがうまい人が多いように思います。 基本は「人の話が聴ける」ということなんだなと思います。 相手の話をしっかり聴くことを「傾聴」と言ったりしますね。 「うなずき」や「あいづち」などが大切と言われています。 しかし、そういったこと以外に、この傾聴が上手い人の特徴に気づきました。 居合道っていうのがありますね。刀を抜く練習をするやつです。 刀を抜いた状態でチャンバラ…

続きを読む

Win-Winな助け合い(Give is Take)

当協会は、名称に「支援」という言葉が入っている通り、”助け合うこと”を理念の1つにしています。 助け合いたいと思っている人は多いはずですが、ビジネス交流会で名刺交換しても何も起きない、なんてことがよくあります。ビジネス交流会に限らないですが。 でも、助け合いは起きているところでは起きています。何が起きているんでしょうか。 ☆ギブ・アンド・テイク(Give and Take) 助け合いが上手くいかな…

続きを読む

最大の競争相手とは

みなさん、こんばんは。代表の山本です。昨日、今日と、名古屋方面へ出張し、先ほど帰宅しました。今回の出張では、いろんな意味で多くの収穫がありました。その中でも最も大きな収穫は、次の事実を真に実感したことです。「最大の競争相手は同業の他社・他店でなく、変化するお客様のニーズ」であるということです。この言葉は、先日も引用させていただいた、セブンイレブンの創業者、鈴木敏文会長の言葉です。つい先日まで、頑な…

続きを読む

本物の「訴求価値」を提供する

みなさん、こんばんは。代表の山本です。季節は「梅雨」。蒸し蒸しする、過ごしにくい日が続きますね。ただでさえ暑がりの私には、これからがキツイ季節になります・・。ところで、先日、セブンイレブンの創業者である鈴木敏文氏がその著書で、このようなことを書かれていました。「いまは、ディスカウントの時代ではなく、価値訴求の時代である」と。これからは、単に価格で勝負するのではなく、お客様が価値を感じる商品やサービ…

続きを読む