ビジネスのアーカイブ

ドラッカーが見ていた将来 6 経営科学の罠(その2)

こんにちは。 今日は、ドラッカーが「ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)」に投稿した第5作目の著書、 「経営科学の罠」(1959年) について、引き続き取り上げたいと思います。 ドラッカーは、経営科学のあり方について、以下具体的に提唱しています。 1.経営科学の対象に対する基本的な定義を行う必要がある。  その定義の一つは、  「企業とは人間からなるシステムである」  という洞察である。  す…

続きを読む

ドラッカーが見ていた将来 5 経営科学の罠(その1)

こんにちは。 今日は、ドラッカーが「ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)」に投稿した第5作目の著書、 「経営科学の罠」(1959年) について取り上げたいと思います。 本著作でドラッカーは、当時の「経営科学」の問題点を指摘しています。 それは、 経営科学と称されるもののほとんどが、 手法や手順ばかりに目を向けた、部分効率のみを追求するツールになっている ということでした。 当時の経営科学のほと…

続きを読む

ドラッカーが見ていた将来 4 「経済人」を超えて

こんにちは。 今日は、ドラッカーが「ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)」に投稿した第4作目の著書、 「経済人を超えて」(1955年) について取り上げたいと思います。 本著作でドラッカーは、経営者に対して、 「経済人」と「道徳人」の両立 ということを提唱します。つまり、 1.設定された目標を達成するために、長期計画および体系的な組織を重視すること。   (経済人) 2.経営者の社会的および道…

続きを読む

ドラッカーが見ていた将来 3 プロフェッショナルを活かす

こんにちは。 今日は、ドラッカーが「ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)」に投稿した第3作目の著書、 「プロフェッショナルを活かす」(1952年) について取り上げたいと思います。 1950年代は労働人口の中で「専門職」が急速に増えつつあったものの、 産業界の需要にはとても追いつかない状況でした。 しかし、このような貴重な「専門職」の士気は低く、 きわめて非効率に働かされているとドラッカーは感…

続きを読む

ドラッカーが見ていた将来 2 人口動態で未来を読む

こんにちは。 今日は、ドラッカーが「ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)」に投稿した第2作目の著書、 「人口動態で未来を読む」(1951年) について取り上げたいと思います。 この著書の冒頭、ドラッカーは以下のような警鐘をならしました。 「アメリカにおいて今後25年間、人口動態が企業の存続とまでいかなくとも、 企業の成功を左右する重大な要因となる。 その影響力は、経済変動でさえ及ばないだろう」…

続きを読む

ドラッカーが見ていた将来 1 経営者の使命

みなさんこんにちは。 最近、P.F.ドラッカーの著作の研究を始めました。 現在、私が行っているのは、 ドラッカーが「ハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)」に寄稿した、 全34本の著作の研究です。 浅学ではありますが、私なりの研究結果を、全34著作につき、1著作ずつ、 このブログでシェアしていきたいと思います。 ドラッカーが「ハーバード・ビジネス・レビュー」に寄稿した初めての著作は、 「経営者の…

続きを読む

相手が何かを言わんとした瞬間をとらえる

当協会の関係者には、コミュニケーションがうまい人が多いように思います。 基本は「人の話が聴ける」ということなんだなと思います。 相手の話をしっかり聴くことを「傾聴」と言ったりしますね。 「うなずき」や「あいづち」などが大切と言われています。 しかし、そういったこと以外に、この傾聴が上手い人の特徴に気づきました。 居合道っていうのがありますね。刀を抜く練習をするやつです。 刀を抜いた状態でチャンバラ…

続きを読む

Win-Winな助け合い(Give is Take)

当協会は、名称に「支援」という言葉が入っている通り、”助け合うこと”を理念の1つにしています。 助け合いたいと思っている人は多いはずですが、ビジネス交流会で名刺交換しても何も起きない、なんてことがよくあります。ビジネス交流会に限らないですが。 でも、助け合いは起きているところでは起きています。何が起きているんでしょうか。 ☆ギブ・アンド・テイク(Give and Take) 助け合いが上手くいかな…

続きを読む

最大の競争相手とは

みなさん、こんばんは。代表の山本です。昨日、今日と、名古屋方面へ出張し、先ほど帰宅しました。今回の出張では、いろんな意味で多くの収穫がありました。その中でも最も大きな収穫は、次の事実を真に実感したことです。「最大の競争相手は同業の他社・他店でなく、変化するお客様のニーズ」であるということです。この言葉は、先日も引用させていただいた、セブンイレブンの創業者、鈴木敏文会長の言葉です。つい先日まで、頑な…

続きを読む

本物の「訴求価値」を提供する

みなさん、こんばんは。代表の山本です。季節は「梅雨」。蒸し蒸しする、過ごしにくい日が続きますね。ただでさえ暑がりの私には、これからがキツイ季節になります・・。ところで、先日、セブンイレブンの創業者である鈴木敏文氏がその著書で、このようなことを書かれていました。「いまは、ディスカウントの時代ではなく、価値訴求の時代である」と。これからは、単に価格で勝負するのではなく、お客様が価値を感じる商品やサービ…

続きを読む