人生語録のアーカイブ

どうせ負けると思っても

「どうせ負けるのだから」 そう思って投了するのは簡単だが、そこからは何も得るものがない。じっくりと考えつづければ、その勝負では敗れても、次につながる何かを見つけられる可能性がある。(プロ将棋棋士・森内俊之) #shogi— 将棋の言葉 (@shogi_kotoba) 2016年4月15日

続きを読む